アザラシ「クール」音信不通 北海道、発信

北海道紋別市のオホーツクとっかりセンターに保護され、7月1日に紋別沖で放されたオスのゴマフアザラシ「航流(クール)」の消息が途絶えた. 装着した衛星発信器による位置情報が、同月22日を最後に受信できなくなった. 航流は海に放された後、オホーツク海を北上し、10日目には東に進路を変え、紋別沖の約160キロ付近を回遊していた. センターは、受信した位置情報を地図に記してホームページで公開していたが、同月23日から位置情報を受信できなくなったという. 発信器は海面にアンテナが出ていれば受信できる仕組みだ. このため、発信器の脱落や故障、航流がシャチに襲われて発信器が壊れるなど様々な原因が考えられる. ナイキ エアマックス 航流を保護から約3カ月間、飼育してきた飼育員の宮澤奈月さんは「何とか無事でいてくれれば」と心配している.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>