オウム死刑囚尋問、1月21日からナイキ SBで調整

オウム真理教元幹部・平田信(まこと)被告(48)の裁判員裁判で、東京地裁と検察側、弁護側の3者は、元教団幹部の死刑囚3人の証人尋問を、来年1月21日から2月5日にかけて実施する方向で最終調整に入った. 尋問の際は、証言台と傍聴席の間に遮蔽(しゃへい)板を設ける方針. 傍聴人の視線をさえぎり、死刑囚の心情に配慮するという. 平田被告の裁判は来年1月16日に初公判が開かれ、3月4日まで計25回の公判期日が指定されている. 判決は3月中とみられる. 関係者によると、1月21日に中川智正(51)、2月3日と4日に井上嘉浩(43)、同5日に林(現姓・小池)泰男(55)の各死刑囚の証人尋問がある見通しだ. 井上死刑囚は「公開の法廷で、堂々と真実を話したい」という趣旨の上申書を地裁に提出している. 日本初! レミオロメン音楽ライブ2スパイク サッカーD日本代表 サッカー ユニフォーム3 尋問は公開の法廷で行うことが今年7月に決まり、その後、3者で、(1)証言台と傍聴席の間についたてを置く「遮蔽方式」(2)死刑囚が、法廷とモニターでつながれた地裁内の別室で証言する「ビデオリンク方式」の二つを協議していた. 地裁は「死刑囚の心情の安定」を図れるかどうか検討し、(1)でも可能と判断したとみられる. 一方、襲撃など不測の事態に備え、傍聴席と証言台の間に防弾ガラスを設ける可能性もあるという.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>