北朝鮮ミサイル発射レブロン ジェームス時、自治体に速報 衛星

藤村修官房長官は26日の記者会見で、北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイルを発射した場合、総務省消防庁の全国瞬時警報システム(Jアラート)で自治体に速報する考えを明らかにした. 人工衛星を使い、内閣官房や気象庁から1~2秒で連絡できる. 2007年に運用開始し、全都道府県と98%の市区町村に配備されている. 藤村氏は「システムの高度化を進めてきた. 迅速かつ的確な情報提供ができるよう万全の対応を行いたい」と述べた. 09年のミサイル発射時は内閣官房の緊急情報システム「エムネット」を使った. 今回も同時に活用するが、担当者によるとエムネットは自治体に届くまで最大1分程度かかるという.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>