渦潮対決、鳴門が延長サヨナラ勝ち 選抜高

24日、鳴門2―1洲本) 鳴門の右腕・後藤田が80キロ台のスローカーブなど緩急をつけた投球で12奪三振の好投. 8安打されながら1失点でしのぎ、10回の河野のサヨナラ二塁打につなげた. 洲本も右腕・島垣が4死球など制球に苦しみながら11奪三振と力投したが、及ばなかった. ◇ ○河野(鳴) 10回1死二塁で左中間へサヨナラ二塁打. 「打って走っている時は信じられなかった」 ○杉本(鳴) 同点適時打の4番. 広告費4年連続でアシックス バッシュ前年割れ 昨年、震災後の 「秋に比べれば打撃が全然良くない. 今日は後藤田のおかげ. 一本出たから力を抜いて、次は打でカバーする」 ●谷口(洲) 無安打に終わった主将. 「自分のスイングをさせてもらえなかった. でも、多くの人に応援してもらい、感謝の気持ちでいっぱい」 ●野口監督(洲) 「要所で1本が出ず、残塁が多かったのが敗因. 選手はニコニコしながらよくやってくれた. 修正して夏は勝ちにきます.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>