asahi.com(朝日新聞社): 米F

米連邦準備制度理事会(FRB)は3日、今後数年間の政策金利(短期金利の誘導目標)の見通しを1月から公表する方針を示した. 将来の金融政策や金利動向を予想しやすくして、金融機関や企業などが安心して投資できるような環境をつくるねらいだ. 中央銀行は金融市場への影響などを考慮して政策金利の見通しを明らかにしないことが多く、FRBの取り組みは異例だ. 日本銀行など主要国の中央銀行の金融政策に影響を与える可能性もある. FRBは3日、12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録要旨を発表した. ここで、1月25日のFOMC後から、将来の政策金利を明らかにする方針を示した. これまでも経済成長率、失業率、物価上昇率について、FOMC委員の予測値を公表してきた.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>