NYダウ、大幅下落 3カ月ぶり安Lebron James値 新興

1月31日のニューヨーク株式市場は、新興国経済の先行きへの不安が根強く、大企業で構成するダウ工業株平均が大幅に下落した. 終値は前日比149・76ドル(0・94%)安い1万5698・85ドルと、昨年11月上旬以来、約3カ月ぶりの安値をつけた. 一部の新興国通貨の下落が続き、投資家の新興国経済への懸念が強まった. さらに、米小売り最大手のウォルマート・ストアーズが業績見通しを下方修正したことを受け、企業業績や米景気の先行きに対し慎重な見方も広がり、取引開始直後から幅広い銘柄に売り注文が集まった. ダウ平均は一時、前日終値比で230ドル以上値下がりした. ハイテク株が中心のナスダック市場の総合指数は、前日比19・25ポイント(0・47%)低い4103・88で取引を終えた. ニューヨーク外国為替市場では、新興国経済への不安を背景に、比較的安全な通貨とされている円が買われた. 対ドルの円相場は一時1ドル=101円95銭まで上昇した. 午後5時(日本時間2月1日午前7時)時点は、前日同時刻より70銭円高ドル安の1ドル=101円96銭~102円06銭. (ニューヨーク=畑中徹).

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>