标签归档:ロストプラネット2

ロスプラ2』『スパIV』『デッドラ2』の

カプコンは、本日1月26日に、同社が展開するXbox 360用ソフトの発表会”CAPCOM TITLE PREMIERE FOR XBOX 360″を都内で開催した. 発表会には、マイクロソフト執行役常務 ホーム&エンターテイメント事業部本部長・泉水敬氏と、カプコンの代表取締役社長 最高執行責任者・辻本春弘氏らをはじめとするカプコンの関係者らが登壇. 2010年に発売されるXbox 360用ソフト『ロストプラネット2』、『デッドライジング2』、『スーパーストリートファイターIV』、そして速報でもお伝えした新規タイトル『モンスターハンターフロンティア オンライン』について、PVなどを交えながら説明した. 各タイトルごとに、ステージの模様をレポートする. 最初に登壇した、マイクロソフト執行役常務 ホーム&エンターテイメント事業部本部長・泉水敬氏(画像右)と、カプコンの代表取締役社長 最高執行責任者・辻本春弘氏(画像左). がっちりと握手を交わしていた. あのキャラクターが参戦!? 『ロストプラネット2』 竹内潤氏 『ロストプラネット2』のステージには、本作のプロデューサーを務める竹内潤氏が登壇. ディレクターである大黒健二氏と開発スタッフ3人が行ったデモプレイを見ながら、エピソード5について説明した. エピソード5では、これまでの巨大AKと違い、砂漠の上を走る巨大戦艦を相手にするミッションに挑戦することになる. 他の3人のプレイヤーや大勢のAIと協力し、エアバイクを駆って巨大戦艦の内部に潜入後、倉庫のハッチを開け、仲間を戦艦の中に呼び込むのが目的となっていた. 竹内氏によれば、ハッチを開けている仲間をシールドで守ったり、攻撃してくる敵を倒したりといった、プレイヤー同士の連携が重要になってくるとのことだ. また、新たな武器”火炎放射器”や、”宝箱”、頑張った人にボーナスが入る”グッジョブシステム”など、プレイ中に登場した新要素についても触れられた. “宝箱”についての説明はなかったが、”グッジョブシステム”は、たとえばミッションを早くクリアした人に”すごい早い”などの評価ボーナスが入るシステムだという. PVを 別の記事 で掲載したので、こちらもぜひご覧いただきたい. この他、Webサービス”ロストプラネット コマンドコロニー”についても触れられた. このサービスは、ゲーマータグを登録することで、仲間内でクラン(※グループのようなもの)を作り、他のユーザーとコミュニケーションができるもの. クランのメンバーに「今夜●時に遊ぼう」といったメールを一括して送る機能なども搭載されるという. 現在ベータ版が公開されているので、ひと足先に登録してみるといいだろう. その後、Xbox 360用ソフト『Gears of War(ギアーズ オブ ウォー)』とのコラボレーションが明らかに. Xbox 360版限定で、『ギアーズ オブ ウォー』の主人公マーカス・フェニックスと、その相棒ドミニク・サンチャゴ(ドム)のカスタマイズコスチュームが用意されるとのことだ. なお、コラボレーションは他にも控えているらしい. そして最後に、気になる発売日も発表された. 発売日は、日本が5月20日予定、米国と欧州が5月18日予定となっていた. →次のページでは、新要素や映画などが発表された 『デッドライジング2』ステージを紹介.